どうしてカサカサ肌になるの?綺麗な素顔になるためのオススメ対策!

肌がカサカサしてつっぱる乾燥肌(-_-;)が乾燥しているとメイクもぽろぽろ崩れてしまう上、どうにも不愉快な感覚が拭えませんよね。

 

今回はそんな乾燥肌の原因とオススメの対策についてまとめてみました。

1.なぜ乾燥肌になってしまうの?

そもそも、なぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか?

人間の肌はいくつかの層に分かれています。そのうちの1つ、角質層に秘密アリ。

角質層は水分を保持したり、アレルゲン物質や紫外線から肌を守る役割を持っているのです。また、その中には天然保湿因子(NMF )や細胞間脂質があり、肌の潤いを守っています。

更に角質層の上では汗と皮脂がまざってできた皮脂膜が天然のクリームとなって肌をガードしています。

これらの肌の機能が健全であれば、乾燥は起こらないのです。

が、しかしいろいろな要因によってこれらの肌機能が低下してしまうと、肌が水分を保持できなくなり、カサカサする乾燥が起こってしまいます。

多くの乾燥は加齢によって起こりますが、生活習慣や食生活が乱れたことで起こることもあります。

また、間違ったスキンケアもカサカサ肌の原因になります。顔のお手入れ方法が間違っていると、かえって肌にダメージを与え、保湿力を低下させ、カサカサが起こる原因になってしまいます。

 

乾燥肌の怖いところは、放っておくと肌質まで変わってしまうという点です。

「肌のバリア機能が低下したことでもっと肌を守らなければ」と角質が厚くなってしまい、結果ゴワゴワとした肌になってしまうのです。

綺麗な肌を保つためにも、しっかりとした対策をオススメします。

2.化粧水だけでは足りない?保湿ケアの極意とは!

乾燥肌の対策として一番に思いつくのが、化粧水による保湿でしょう。

化粧水の目的は顔に水分を補うことではなく、保湿成分を顔の奥に届けることです。

そのため、カサカサ対策を行うならパパっと表面に乗せるように雑に付けるのではなく、丁寧に付けることが大切です。こうすることで肌のキメを整え、かつ潤いの通り道を作ることができるのです。

【化粧水のつけ方】

手で付ける方法コットンで付ける方法がありますが、実はどちらも一長一短です。

手の場合・・・コストがかからず経済的ですし、手の温度を利用して化粧水の成分を顔の肌の奥まで届けることができます

しかし手には雑菌が多いので衛生面で不安があります。顔は細かい部分が多いので塗りムラができやすいのも注意が必要です。

コットンの場合・・・顔の細かいところまでムラなく付けることができ、乾燥しにくいのも嬉しいポイントです。

ただしコットンの種類によっては顔の肌にかえって負担がかかってしまうこともあるので、コットン選びには注意を払うことをオススメします。

 

また乾燥を防ぐためには、化粧水だけでは不十分です。

化粧水をつけた後に保湿クリームをしっかり塗りましょう。保湿クリームは肌の足りない保湿機能を補うと同時に、皮脂の代わりになってカサカサから肌を守ってくれます。

こちらの記事は化粧水後のお手入れ、保湿クリーム「それだけ塗りケア」について書いています。これであなたもモチモチ肌になれますよ(^^♪

カサカサ肌に!顔用保湿クリームでモチモチ肌を手に入れる!

3.保湿に効果を発揮する成分とは!

化粧水や保湿クリームに含まれる成分に注目することも大切です。成分によって役割が違うため、自分のカサカサ肌にはどれが良いのか、いろいろと試してみるのがオススメです。

ここでは乾燥に効く成分として有名なセラミドとヒアルロン酸についてチェックしてみましょう。

セラミドの凄さ

保湿成分の代表格と言っても過言ではないオススメ成分がセラミドです。セラミドとは肌の細胞間脂質の約4割を占めている成分で、保湿力が非常に高いことで知られています。

顔の乾燥が酷い場合、セラミド配合の化粧水やクリームを継続して使うことで、肌の水分量を増やすことができます。セラミド配合の商品は数多くあり、中にはあまり効果がないものもあります。

そこで注意したいのがセラミドの種類です。

最も保湿力が高いのは「ヒト型セラミド」と呼ばれるもので、人の角質層にあるセラミドと同じ構造をしています。他にも「疑似セラミド」や「植物性セラミド」などの種類がありますが、保湿力では一歩劣るため、高い効果を期待するならば「ヒト型セラミド」がオススメです。

こちらの記事もセラミドについて詳しく書いています。またヒト型セラミド配合の美容液も紹介しています。

もう嫌…皮むけ乾燥肌に不足している「セラミド」とは?

ヒアルロン酸も負けてない

セラミドの他に保湿力が高い成分として知られているのがヒアルロン酸です。

肌の表側で働くセラミドと違い、ヒアルロン酸は肌のさらに奥、真皮層で働いています。網状になっているコラーゲンやエラスチンの隙間を埋める役割を果たしています。

化粧水やクリームに配合されているヒアルロン酸は、本来働いている真皮層までは到達できません。しかし角質層に浸透したヒアルロン酸は水分を抱え込んで保持する働きがあるため、肌からの水分蒸発を防ぐことができるのです。

こちらの記事はヒアルロン酸配合の化粧水を紹介しています。

カサカサ肌を何とかしたい!保湿成分から選ぶべき化粧水とは?

どちらもオススメの成分なので、ぜひ一度検討してみてください。

4.乾燥肌に負けない生活習慣

カサカサする乾燥肌を改善するには食生活を見直すことも大切です。そこでオススメしたい栄養成分がビタミンAです。

ビタミンAは肌のターンオーバーを促す働きがあるため、肌の潤いをもたらしてくれます

ビタミンAを多く含む食べ物は?

肉類のレバー、魚類の内臓に非常に多く含まれます。また、動物性食品以外には、ほうれん草やニンジンといった緑黄色野菜、卵、海藻類などにも比較的多く含まれます。

またこれらの食材は鉄分も多く含んでいます。鉄分は貧血に効くことで有名な成分ですが、そもそも血行を改善してくれる働きも持っています

乾燥肌は血行が悪くなって代謝が落ち、結果ターンオーバーが乱れることも原因になります。

ビタミンAの豊富な食材を積極的に摂り、体の内側からカサカサ肌と戦いましょう。食事で補うことが難しいならサプリメントなどを利用するのもオススメです。

1.DHC直販サプリメント

2.ヤツメウナギ

5.顔のカサカサ肌とはおさらば まとめ

そもそも多くの感想は加齢によって起こりますが、生活習慣や食生活の乱れ・間違ったスキンケアで起こることもあります。

化粧水の保湿成分を顔の奥に届けるべし!

・乾燥に効く成分として有名なセラミドとヒアルロン酸配合のクリームで保湿するべし!

・食生活でビタミンAを多く含む食材を食べるべし!

肌の表面からの保湿と身体の内側の両方から改善し、綺麗な肌と健康な体を手に入れましょう(^^♪

 

最後に、カサカサ肌で悩んでいる方へ。ファンデのちょっとした塗り方のコツも書いています。良かったら読んでください!

ファンデのカサカサや粉吹きはなぜ起こるの?原因と対処法を知って美肌をキープ

 

最後に、みなさんAC11ってご存知ですか?

今回紹介したセラミド、ヒアルロン酸に次ぐアンチエイジング・保湿効果ありな成分なんです。

このAC11、採取するのが難しくまだあまり世に出回っていませんが、今後世間をにぎわすこと間違いなし!

なんたって奇跡の成分ですから!

AC11のサプリとオールインワン化粧品(ACell他)で、体の内側から若返る!