ニキビ肌の人は必見!保湿の時に気をつけたい3つのポイント

大人ニキビを防ぐためには「肌の乾燥を防ぐ」ことが大切ですが、気をつけていてもなかなか改善しないニキビ肌の方は保湿の方法が間違っているかもしれません。

肌質や肌の状態によっても気をつけるべきポイントは少しずつ違います。

今までの保湿方法で合っているのかどうか一度確認してみませんか?

1.ニキビ改善にはどうして保湿が必要なの?

どうしてニキビの改善に保湿が必要なのか知らなければ、自分に合った保湿方法もわからないのではないでしょうか。

まずはそこを確認しておきましょう(^^♪

そもそも肌には自らを守る防御機能が備わってます。ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌も肌を乾燥から守ろうとして働いた防御機能によるものです。

ですから、もし肌細胞が健康な状態なら皮脂の過剰分泌は起こりません。

つまり、すでにニキビ肌で困っている方は肌細胞が弱っている状態です!!

ニキビは古い角質や過剰に分泌した皮脂などでできた角栓が毛穴に詰まって、炎症を起こし雑菌が繁殖しちゃいます。結果ニキビができます。

元々は角栓も雑菌の侵入を防ぐためのものなのですが、肌のターンオーバーが上手くいかなくなると自然に排出できずニキビの原因となってしまいます。

皮脂の過剰分泌をさせないためにもニキビを引き起こしにくい別のもので肌を乾燥から守ってあげればいいということです。

この「ニキビを引き起こしにくい」というのが大きなポイントで、ニキビ肌の方が保湿剤を選ぶ時はそこに気をつけるようにしましょう。

では、「ニキビを引き起こしにくい」保湿剤とはどのようなものでしょうか?

2.ニキビ肌の人に必要な保湿剤とケア

ニキビを防ぐためには、「しっかり保湿して肌のターンオーバーを改善すること」と、「肌の油分を増やしすぎないよう気をつけること」が大切です。

油分の多い乳液やクリームなどは避け、オイルフリーで水溶性の保湿成分が配合された保湿化粧水などを選ぶようにしましょう。

ポイントその1)水溶性の保湿成分で保湿すべし

肌の乾燥を防ぐためには水分を与えればいいと思いがちですが、ただ水分を与えてもすぐに蒸発して、蒸発する時に肌の水分をも奪ってしまいます。

それでは意味がないですよね(-_-;)

肌に留まって水分をため込んでくれる役割を持つ水溶性の保湿成分を補うことが大切です。

代表的な水溶性保湿剤

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンC誘導体
  • エラスチン
  • 天然保湿因子
  • アルギニン
  • リシン
  • アミノ酸

天然保湿因子やセラミドは元から肌に存在する成分であり、とくにセラミドは肌の水分保持力に大きく貢献しています。

残念ながら普通のセラミドは水溶性ではありませんが、肌の乾燥が酷いようなら多少油分が多くてもセラミド配合の乳液などを使ってもいいでしょう。

今回は水溶性保湿剤のビタミンC誘導体の化粧水を紹介したいと思います(^^♪

気になるビタミンC誘導体の効果は??

  1. 皮脂分泌のコントロールで大人ニキビのケアに効果あり
  2. 美白効果やシミの予防
  3. 毛穴を目立たなくさせキメを整える
  4. 肌にハリを与えて小じわを防ぐ

ニキビが出来やすいので、こちらの化粧水を愛用してます。4本目です。肌の調子が良い日が多くなりました。つけ心地もいいです。

パッティングしたら、肌がもっちりします。

使ってすぐに効果を実感しました!!赤みもだんだん薄くなってきて肌が毎日改善されていくのがよくわかります。

今まで大人ニキビ肌に悩み続けて12年以上になり薬局 皮膚科 通販と試してきましたがやっと効果がある物に出会いました。

今までいろいろなメーカーのVCローションを使ってきましたが、かなり気に入りました☆☆

適度に潤うし、できてしまったニキビの治りも、早いような気がします。 しばらく浮気をせずに、使い続けてみます♪

冬場は1プッシュ、夏場は半プッシュで充分潤うので、コスパはとてもいいと思います。

顔が赤くなった時に皮膚科でトラネキサム酸のイオン導入をしてもらってから、基礎化粧品もこちらに変えました。炎症を抑える効果があるので赤みが出やすい人にはおすすめです。

ポイントその2)ニキビ肌が酷い時にはシンプルなケアがお勧め

先ほど紹介した成分についても、どれもよさそうだからと何種類も化粧水を使うと逆効果になる可能性があります。

ケアのし過ぎは肌への刺激となり余計にニキビ肌を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

化粧水などには添加物が入っている場合もありますので、肌に合うものを見つけたら他のものは控えましょう。

また、洗顔のし過ぎもNGです。どんなに肌に優しい洗顔料を使って刺激を与えないように洗っても、肌のセラミドや天然保湿因子は流れ出てしまいます。

肌のべとつきが気になる時は軽くティッシュを当てる程度にし、洗顔は1日2回までにしましょう。

ポイントその3)保湿ケアは清潔・丁寧・優しくを心がけよう

保湿ケアをする時は、大抵の場合は洗顔後ですよね。

そんな時に雑菌がついたら、ただでさえ弱っているニキビ肌がさらに悪化してしまうかもしれません。

そうならないためにもきちんと爪や指の間まで手を洗って、清潔なタオルを用意しておいてください。

洗顔の時に手も洗ってるから大丈夫なんて考えていると、、。

ニキビが増えちゃった(T_T)なんてこともありますよ。

また、保湿剤は顔全体に行き渡るように丁寧に手で馴染ませ、優しい力で押さえていきます。とくにニキビのある部分は力を入れ過ぎないように優しく触れるようにしてください。それができたところで、仕上げに乳液や美容液などを同じように塗りましょう。

3.ニキビ肌を克服するために正しい保湿方法を覚えましょう

ニキビ肌を改善するには、一にも二にも正しい保湿が大切です。ここを間違えていては十分な保湿が行えないどころか、肌に余計な負担を与えてニキビを悪化させてしまうこともあります。

ニキビ肌改善に保湿がどうして必要なのかを理解した上で、自分の肌に合った保湿剤を選び、正しい洗顔と優しく丁寧な保湿ケアを心がけてニキビ肌改善を目指しましょう。

肌の乾燥が改善されていけば肌のターンオーバーも整い、少しずつ肌の防御機能も正しく働くようになっていきます。人によっては時間がかかるかもしれませんが、遠回りに見えても実際は保湿がニキビ肌改善の一番の近道ですので、あきらめずに続けていきましょう。

こちらの記事ではニキビ肌に効果のある洗顔料を紹介していますよ(^^♪

大人のニキビ肌ケアに大切なのは洗顔料!選び方のポイントは?

ニキビ肌も気になるけど、年々太ってきて無理せず痩せたいわ♡って方はこちらの記事を見てくださいね(^^♪

加圧効果で燃焼させて痩せる・・。気になりませんか?

【激怒】エクスレッグスリマーは効果なし?評価・口コミ20件を一挙に調査!!