乾燥肌⇒潤い肌へ☆ファンデーション、フェイスパウダー3選!

「若い頃に比べて、お肌が乾燥しやすくなった気がする…」とお悩みのマダムの皆様。

実はその乾燥肌、あなたの努力次第で潤いたっぷり肌に変えていく事は可能です!

今回は基礎化粧品と同じくらい重要度が高いファンデーションフェイスパウダーの中でも、保湿に優れている物を紹介していきますね(^^)v

乾燥肌になる原因とは!?

乾燥肌の原因となりやすいものは主にこの3つです。

  1. 皮脂の分泌量が少なくなる
  2. 角質細胞間脂質が少なくなる
  3. 天然保湿因子が少なくなる

注意するべきは肌の内側。
細胞間脂質と天然保湿因子が減少するに伴い、肌の角質層の層構造が崩れていってしまいます。

崩れた角質層は隙間だらけ。
この隙間からどんどん水分は逃げていきます。

これにより肌の内側が潤いをなくしてしまう事で、同じく外側も乾燥しやすくなるのです。

潤い成分「角質細胞間脂質」とは?

「角質細胞間脂質」というのは、肌の角質層の細胞と細胞の間に存在する脂質の事。

潤い成分セラミドが有名で、新陳代謝の過程で生み出される脂質です。

この角質細胞間脂質がお肌の細胞をくっつけている為、水分の蒸発を防ぐ事ができるんですね。

潤い成分「天然保湿因子」とは?

「天然保湿因子」というのは、新陳代謝によりタンパク質が分解されて放出したアミノ酸が主な成分。

他にも乳酸・ミネラル・塩・糖類などといった栄養分から構成されます。

水分を取り入れて抱え込む力に優れていて、お肌の内側の潤いを保持してくれているのです。

さて、ここからが本題ですが、「角質細胞間脂質」や「天然保湿因子」はなぜ減ってしまうのでしょう?

それには、人それぞれの生活習慣・体質などが深く関わってきます。
以下にまとめていきますね。

乾燥肌の原因①不適切なスキンケア

スキンケアのやり方に不適切な点があるパターンです。
よくあるのが、洗顔の時に肌をこすり過ぎたり、熱いお湯で洗ってしまうこと(・・;)

肌のこすり過ぎは肌を保護しているバリア機能に悪影響を与えますし、熱いお湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

ピーリング洗顔料の使い過ぎも、肌質によってはNGですね。

肌に過度な刺激を与える事は、角質層を傷つけ保水能力を下げる要因となってしまいます。

クレンジング洗顔料や、基礎化粧品も、自分の肌質に合ったものを選びましょう。

添加物負けしやすい肌質の人は極力無添加のものを選ぶのがベターですし、肌に栄養分が足りてなさそうならセラミドやコラーゲンなど成分にも気を遣っていきたいですね(^^)

乾燥肌の原因②食生活の乱れ

仕事や家事・育児などで多忙な生活をしている人には特に多いのですが、食生活の乱れにより乾燥肌を引き起こしている場合があります。

普段からバランスの良い食生活をしているなら問題無いのですが…
ダイエット中や食事メニューを考えるのが面倒といった理由などで、ズボラな食生活になっている人は意外と多いんです(^^;;

特に以下の栄養素は不足しないよう気をつけておいて下さいね。
「足りないな〜」と思ったら、サプリメントで補給するのも一つの手です(^^)

・タンパク質

タンパク質は人体を構成する基礎となる要素です。

タンパク質が不足すると角質や細胞が新しいものに入れ替わる時に不都合が出て、お肌の水分保持力の低下を招きます。

・必須脂肪酸

必須脂肪酸は私達の体内では合成できない貴重な脂質なので、外からの補給がまさに「必須」です(^^)

こちらも不足してしまうと新陳代謝やターンオーバーの低下を招きます。

必須脂肪酸には大きく分けると以下の2種類があります。

  • オメガ3系脂肪酸(アルファ・リノレン酸系)…サーモンやイワシなど魚介類に多い
  • オメガ6系脂肪酸(リノール酸系)…大豆油・ごま油など油製品に多い

・ビタミン類

美肌・潤い肌の基礎とされるビタミン類。
特に乾燥肌にとって大切なのが以下の成分です。

  • ビタミンA…天然保湿因子の生成を促したり、皮膚や粘膜を正常な状態に保ちます。
  • ビタミンB…お肌のターンオーバー正常に保つ働きがあり、不足すると乾燥肌はもちろんあらゆる肌荒れの原因に。
  • ビタミンC…コラーゲンの生成を促し、新陳代謝を正常化します。
  • ビタミンE…お肌の血行促進・抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。

・亜鉛

亜鉛は、お肌の潤いはもちろん髪の毛や爪などの健康を維持する為に大切なミネラルです。

亜鉛が不足してしまうと、皮膚炎など皮膚の傷が治りにくくなったり、脱毛の原因にも繋がります。

乾燥肌の原因③生活習慣の乱れ

以下のような生活習慣によりお肌のバリア機能が弱体化したり、ターンオーバーが乱れたりして、乾燥肌や肌荒れの原因になります。

  • 睡眠不足…成長ホルモンの分泌が不足し、ターンオーバーの乱れを起こしやすくなります。
  • 空気の乾燥…お肌の水分量が低下している場合、角質層の潤いが余計に減少する要因となります。
  • 飲酒…アルコールは体内から水分と熱を奪う作用があるので、お肌の潤いも少しずつ奪われてしまいます。
  • 喫煙…タバコを吸うと体内のビタミンCや鉄分が奪われるほか、体内を酸化させてしまう原因とも言われています。

 

乾燥肌の原因④加齢による影響

単純に、角質細胞間脂質や天然保湿因子が加齢とともに少しずつ減っていくのが原因です。

皮脂の分泌量も減っていく事が多いので、年齢を重ねれば重ねるほど、保湿に特化したスキンケアは最重要課題になります。

化粧水でしっかりと潤いを補給し、乳液でキープ、クリームで水分蒸発を防ぐ!
このプロセスは忘れないようにしたいですね。

抗酸化作用を持つ成分が含まれた化粧品も効果がありますよ(^^)

乾燥肌の原因⑤なんらかの皮膚疾患によるもの

季節関係なく肌がカサカサしてかゆみを感じるようなら、なんらかの皮膚疾患を起こしているおそれがあります。

よくあるのが以下のような疾患です。
簡単に症状もお伝えしておきますね。
心当たりがある方はまず病院へ!

・皮脂欠乏性湿疹

肌の潤い・皮脂の減少で、皮膚がカサカサに乾いてしまう事で引き起こす事があります。

皮膚が赤みやひび割れを起こしたり、強いかゆみを感じる為、掻きすぎて湿疹化することも。

・脂漏性皮膚炎

原因はカビの一種で、慢性化しやすいとされています。

頭や顔などが乾燥し、かゆみ・炎症・フケに悩まされることも。

・皮膚掻痒症

慢性腎不全や痛風、糖尿病など、皮膚以外の要因で引き起こしやすい病とされています。

目立った異常がないのに皮膚が痒い場合は要注意で、引っ掻き傷が茶褐色に変化するといった特徴が。

・乾癬

原因ははっきりしておらず、体質的な問題・環境的な問題が関係しているとみられます。

皮膚が赤くなり盛り上がり、次第にポロポロと剥がれ落ちてくるといった特徴が。
かゆみを伴うこともあります。

潤い肌になるためのファンデーションBEST3!

乾燥を予防し、潤い肌を目指すなら、メイク中だって決して気は抜けません。

むしろ、メイクしている時間が比較的長い女性だからこそ、メイク中の潤いケアもしっかりしていきたいところ。

ここからは、ベースメイクしながら保湿ケアするのに最適なファンデーションBEST3を発表していきます(^^)

1位:マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

美容液・パック・ファンデーション・美白・日焼け止めの1本5役で、使い勝手抜群の「美容液ファンデーション」です。

スクワラン・コラーゲン・ヒアルロン酸などの美容保湿成分を配合し、メイク中もモチモチの潤い肌をキープ。

美白有効成分を配合しており、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスも防いでくれます。

使い勝手の良さに加えて、アンチエイジング機能が備わっているのがお年頃の女性達から好印象のファンデーションです(^^)
(SPF35・PA+++)

2位:セフィーヌ シルクウェットパウダー

モデルや女優さんたちの間でも大人気で、プロの仕上がりを与えてくれると評判のファンデーションです。

高純度パウダーを使用しており、ふんわり軽いつけ心地に、シルクのような素肌を演出。

お肌と同じアミノ酸で構成された自然素材のシルクは、肌の潤いを保ち、キメを整える効果もあります。

3位:ソフィーナ プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション

自然なカバー効果があるパウダーファンデーションで、毛穴の目立つ頬やざらつく小鼻にもしなやかに伸びてカバーします。

メイクしているのに素肌のようななめらかさを感じさせ、汗・皮脂にも強いので朝の仕上がりが夕方まで続くと評判。

パウダータイプのファンデーションなので、美容成分の入ったBBもしくはCCクリームと合わせるのがおすすめです(^^)

(SPF25・PA++)

効果なし?返金保証でPsホワイトクリームは解約キャンセル可能!口コミ徹底調査!

潤い肌になるためのフェイスパウダーBEST3!

ファンデーションBEST3ときたら、フェイスパウダーも外せませんよね。

それではお次、フェイスパウダーBEST3も発表していきたいと思います(^^)

1位:トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

ノンケミカル処方・ミネラル100%の美容液感覚で使えるフェイスパウダーです。

皮脂の酸化や過剰分泌を抑制する「ヴェールフラーレン」を推奨濃度まで配合。
透明感あるさわやかなお肌をキープします。

他にも肌の善玉菌を増やす働きがある「バイオエコリア」や日焼け後の肌の炎症を抑制する「イザヨイバラエキス」など、スキンケア効果も申し分ありません。
(SPF50・PA++++)

2位:コーセー コスメデコルテ フェイスパウダー

オーガニックシルクパウダーを美容成分でコーティングした、ふんわりなめらか素肌を演出するフェイスパウダーです。

アミノ酸が含まれた粒子パウダーが肌にしっかりとフィットし、メイク中も乾燥しにくいお肌へと導きます。

毛穴カバー効果も高く、化粧持ちも良いと評判で、細かいラメが肌をさらに輝かせて見せてくれますよ(^^)

3位:資生堂 マキアージュ ドラマティックルースパウダー

ワンランク上の仕上がりが1日中続くルースタイプのフェイスパウダーです。

粉っぽさを感じさせず肌に溶け込む微細なパウダーが、肌表面にフィットして透明感を与えてくれます。

保湿力は高めですが日焼け止め効果が低めなのが難点なので、日焼け止め効果の高い化粧下地と合わせるのがベターです(^^)
(SPF15・PA+)

Yossy
正しいスキンケア・食生活・生活習慣はもちろんの事、保湿を心がけたベースメイクも潤い肌の基本です。
高級さにこだわるのではなく、自分にピッタリな美肌成分が使われているかどうかが大切♡

乾燥肌から潤い肌になるために大切なこと まとめ

乾燥肌でお悩みの方は、ぜひ以下の項目を心がけてみて下さいね。

適切なスキンケア
規則正しい食生活・生活習慣
自分の肌質に合った化粧品を使う
ファンデーションやフェイスパウダーも、保湿成分が入っているものを!

女性も30代〜40代以上になれば、加齢によるお肌の劣化が心配になってきますので、アンチエイジング機能が入ったファンデーションやフェイスパウダーがおすすめです。

毎日使うものですからとことんこだわって、家族や恋人をあっと驚かせる「美魔女」を目指していきましょう(^^)

 

また、洗顔も大切ですよね。より乾燥肌にしないために出来ることから始めましょう。

わずかな潤いを守りたい!乾燥肌向けの洗顔石鹸3選

クレムドアンミルククリームクレンジングの効果・口コミを徹底調査!