超簡単!手作りパックで毛穴を引き締めよう☆

お肌の保湿・毛穴ケア・美白など、美肌作りの一環として、あったらとても助かるスキンケアアイテム「美容パック」。

この美容パック、実は手作りのものを使うのも効果的という事は、皆さん知っていましたか?

今回は、手作りパックの基礎知識や、毛穴を引き締める効果のある手作りパックの作り方を紹介していきますね(^^)♪

手作りパックの作り方、レシピ

韓国を中心として、今や世界中で流行している手作りパック。

そのレシピというのが驚きで、泥や粘土をメインとして作られるクレイパックや、普段食用として用いられている食べ物を使った手作りパックなどが存在します。

ここからは、巷で流行っている手作りパックのレシピを一挙紹介していきますね(^^)♪

手作りの基本!毛穴引き締めクレイパックのレシピ

まず最初は、引き締め効果のあるピンククレイと海藻コラーゲンを使ったレシピです。

一見精製水の量が少なそうに見えますが、伸ばしてみるとよく肌に伸びて馴染みます。

クレイが固まってくると、肌がキュッと引き締められる感覚がしますよ。

クレイパックのレシピと作り方は以下になります(^^)

《材料》

  • ピンククレイ…大さじ1杯
  • 精製水…小さじ1杯
  • 海藻コラーゲン…5滴ほど
  • レモングラス精油…1滴

《作り方》

  1. 小皿にピンククレイを入れ、精製水・海藻コラーゲンを加えます。
  2. あとはレモングラス精油を入れてよく混ぜるだけで伸びの良いクレイパックができあがります。
    アトピーや敏感肌の人は、レモングラス精油は加えなくてもOKです。

使い方ですが、できあがったクレイパックを手に取り、顔全体に伸ばしながら塗っていきましょう。

するとクレイが固まってきますので、15分ほどおいてから、ぬるま湯で綺麗に洗い流して完了です。

ターンオーバーを正常化!ヨーグルトパックのレシピ

お次は、ハリウッド女優の間でも大人気と評判のヨーグルトパックです。

ヨーグルトにはお肌のターンオーバーを促進させる働きがあり、以下のような効果が期待できます。

  • 毛穴の引き締め
  • ピーリング
  • 保湿
  • 美白
  • ニキビ改善

ヨーグルトの善玉菌がお肌の常在菌の働きを助け、角質層を柔らかくして老廃物を出しやすくするのだとか。

ヨーグルトパックの作り方・使い方は以下になります。

《材料》

  • 無糖プレーンヨーグルト…大さじ1〜2杯
  • 小麦粉…大さじ1杯強

《作り方》

ヨーグルトパックの作り方はとても簡単で、ヨーグルトと小麦粉を混ぜるだけでOKです。

小麦粉を混ぜることで、ヨーグルトが垂れてくるのを防げるというわけですね(^^)

使い方もシンプルで、顔に塗り5〜10分ほど放置してからぬるま湯で洗い流すだけです。

ちなみに、ヨーグルト、小麦粉の他に粉末ココアを混ぜるのもおすすめ。
ココアに含まれた亜鉛の働きで、皮膚の修復を促進させる効果が得られます。

お肌ツルツル!ビタミンパックのレシピ

ドラッグストアなどに売っている、粉末タイプのビタミンと精製水を使った手作りパックです。

圧倒的な美白効果があり、特にニキビの改善に効果的です。

毛穴の引き締めに効果的と言われる、ビタミンC誘導体とビタミンEをメインに作っていきます。

手作りビタミンパックのレシピはこちらです(^^)♪
保湿が物足りないので、パックした後はクリームなどでの保湿ケアを忘れずに行ってくださいね。

《材料》

  • ビタミンC誘導体…1g
  • ビタミンE誘導体…1g
  • 精製水…200g
  • コットン…適量

《作り方》

  1. ビタミンE誘導体を、精製水100mlに溶かしてから冷蔵庫に入れておきます。
  2. よく冷やしたビタミンE誘導体に、精製水100mlで溶いたビタミンC誘導体を加えます。
  3. できあがったビタミンパックを、コットンに浸してパックします。
    化粧水として使うのも効果的です。

収れん作用抜群!緑茶(抹茶)パックのレシピ

毛穴の引き締めに効果的な手作りパックの中で、クレイパックに並ぶ実力を持っているのが緑茶パックではないでしょうか。

緑茶に含まれるカテキンにはアンチエイジングでおなじみの抗酸化作用があり、これによる美白効果が期待できます。

さらにビタミンCが豊富に含まれていますし、収れん作用もあることから、毛穴引き締めにおいて絶大な威力を発揮します。

緑茶パックも保湿力には欠けるため、パック後に保湿クリーム等で補うようにしましょう。

材料と作り方は以下の通りです(^^)

《材料》

  • 粉状の煎茶…100g
  • 小麦粉…200g
  • 緑茶(冷やした液体状のもの)…400cc

《作り方》

  1. 小麦粉と煎茶の粉末を混ぜます。
  2. 混ぜた粉末に緑茶を少しずつ混ぜ加えていきます。
    耳たぶくらいの固さになるまでしっかりと練りましょう。

できあがった緑茶パックは、少し水で伸ばして塗ると使いやすいですよ(^^)

5〜15分ほど放置して、完全に乾いてしまう前に水で洗い流します。

緑茶パックは乾いてしまうと、肌がパリパリになって剥がしにくくなる上に、肌に刺激を与えてしまうので、放置しすぎには注意!

栄養と保湿力抜群!卵白&ハチミツパックのレシピ

保湿かつ、毛穴の引き締めに効果的なのが卵白を使った手作りパックです。

卵白には保湿効果および肌の修復促進を促す酵素とアミノ酸が含まれていて、毛穴引き締めだけでなくピーリング効果も期待できます。

これにビタミンやミネラルがたっぷり含まれたハチミツを混ぜることによって、保湿・毛穴引き締め・美肌効果の3点を兼ね備えた手作りパックの出来上がりです。

ちょっと卵白を混ぜるのに手間はかかりますが、そこ以外は簡単な手順で作れるので試してみてくださいね(^^)

《材料》

  • 卵1個分の卵白
  • ハチミツ…大さじ2杯

《作り方》

  1. 卵白はミキサーなどでメレンゲ状にするまでかき混ぜます。
  2. メレンゲ卵白にハチミツを混ぜて完成です☆

卵白ハチミツパックを使う時は、顔に塗って3分ほど置き、ぬるま湯で洗い流すだけでOKです。

今回紹介している手作りパックの中でも、特に保湿効果に優れるので、乾燥肌の方はぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

手持ちの収れん化粧水でパックしてみよう!

もし、手元に収れん化粧水があるよ!って方は、収れん化粧水を使ってコットンパックしてみるのもおすすめ(^^)

いつも使っている馴染み深い化粧水なら、成分が合わずにお肌が荒れてしまうおそれもないですし、安心してチャレンジできます。

基本のやり方は以下の通りです(^^)
手作りパックの第一歩として、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  1. 洗顔でしっかりと毛穴の汚れを落とした後、冷水を顔にかけ、肌を軽く引き締めます。
  2. 手持ちの収れん化粧水をコットンに浸して、お肌全体にペタペタと貼っていきましょう。
  3. そのまま10分ほど放置してから、コットンをゆっくり剥がし、いつもの保湿ケアを行ってください。

手作りパックの毛穴引き締め効果

毛穴引き締めのカギとなるのは、「保湿ケア」!

毛穴を引き締める為には、お肌を普段からしっかりと保湿しておく事が必要不可欠です。

いくら収れん作用のある化粧水を使って毎日ケアしていたとしても、そこに保湿が伴っていなければ、結局は毛穴が開いたり閉じたりの繰り返しになります。

保湿は全ての肌トラブルを改善するための基本で、それは毛穴の開きも例外ではありません。

肌が乾燥してしまうと皮脂の分泌が活発になり、皮脂量が増えることで毛穴が広がります。

また肌の乾燥による皮膚のたるみも、毛穴を広げてしまう原因になりますね。

広がった毛穴には汚れが入り込みやすくなるので、黒ずみやニキビなどさらなる肌トラブルの悪化にも繋がります。

ここまでなってしまうと改善策としては、肌のターンオーバーを正常化させる事が重要になってきます。

ターンオーバーの正常化、しいては毛穴引き締めの為のカギとなるのが「保湿ケア」です。

そして、保湿ケアの前座として役立つのが、上記で紹介したような「手作りパック」なんです。

手作りパックのほどよい栄養素が効く!

手作りパックに使われる材料は、いたってシンプルな自然派素材ばかりです。

市販のパックや化粧品に含まれているような添加物はほとんど使われていないので、肌に優しい成分だけで作られていると言えます。

手作りパックが効果的と言われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

  1. 保存料など余計な成分を使っていない
  2. 自分の肌に合った成分で作れる
  3. 作りたてをすぐに使うので衛生的
  4. 市販のパックと違って過度な栄養を与えずに済む

4についての補足ですが、実はお肌に栄養を与えすぎてしまうのは、かえって良くないと言われています。

あまりに日常的にお肌に美肌成分を与えすぎてしまうと、本来持っている「自分の肌力」が失われていくおそれがあるのです。

子育てもスキンケアも似たようなものでしょうか。
過保護にしすぎるのは良くないという(笑)

その点、手作りパックは必要最低限の材料で作ってあり、市販のパックほど過度に栄養を与えることはありません。

手作りパックは「ほどよい美肌ケア」として、世界中のセレブやモデルさん達の間でも、大人気と言われるスキンケア方法なんです。

手作りパックはいつやる?効果的な時間、タイミング

美容パックをするタイミングといえば、夜の入浴後!という方が多いと思います。

確かにお風呂上がりは、洗顔後で肌は綺麗になっているものの無防備な状態であり、皮膚の水分も失われやすいタイミングです。

よって、このタイミングで手作りパックを使ってから、いつもの保湿ケアをするのがベターであると言えますね。

「でも、お風呂上がりにパックしちゃうと、髪の毛いつ乾かせばいいの…?」となる人は、以下の順番を取るのがおすすめです。

  1. 事前に手作りパックを作成し、冷蔵庫で冷やしておく
  2. 洗顔(入浴)後、すぐに冷水で顔を引き締める
  3. 髪はタオルでターバン巻きしてタオルドライしておく
  4. あとは冷やしておいた手作りパックを使用の流れでOK☆

 

ちなみに、朝のメイク前に手作りパックを行うと化粧ノリが格段に良くなります。
朝か夜、どちらのタイミングでもおすすめですよ(^^)

Yossy
手作りパックは自然派素材で作られているので、お肌に余計な負担をかけず毛穴を引き締めてくれる効果があります。
パック後に使う保湿ケア用の化粧品も、無添加など肌に優しいものを使うとよりイイですね♡

手作りパックの効果的な毛穴引き締め まとめ

手作りパックの保湿効果や自然派素材ならではの適度な美肌効果は、皮膚がもともと持っている「肌力」をアップさせる為にも役立ちます。

パックのやりすぎはかえって肌を傷めてしまうとも言われていますが、保湿を目的とした手作りパックであれば毎日行うのはOKとの事。

毛穴の引き締めをメインとした緑茶パック等を試すなら、週に一度くらいのペースがベストでしょう。

特に引き締め効果が期待できる成分は「カテキン」と「ビタミンC」です。
手作りパックレシピを選ぶ時は、ぜひ参考にしてみてくださいね♡