肌は変われる!洗顔の正しい方法と優しいおすすめ石鹸

美しい肌を手に入れることは、女性にとって永遠のテーマのひとつですよね。

私Yossy、35歳。子育ても少し落ち着き『美』ついての意識が高まってきました(^_-)-☆

に悩みがあるとまず「良い化粧品を使うことだ」と高い化粧品を試していませんか?やはり高いだけあって、効果が出ると思います。

でもちょっと待って!!

高いお金をかけずに美肌になれることはないのか?

あまり気付いていない人もいますが、

一に洗顔、二に洗顔(^^)/

洗顔をおろそかにしていては綺麗な肌を手にすることはできません。

スキンケアの基本である毎日の洗顔を見直すことこそ、美肌への第一歩になるんです。

1.していませんか?洗顔時のNGポイントとは?

  • あなたは1日に何回洗顔をしていますか?

美肌のためには洗顔!と言われると、気付いたときに洗顔をしたくなりますが、洗顔は1日2回がベストです。

何度も洗うと、乾燥や過剰皮脂などの肌トラブルに繋がってしまいます。

  • 洗顔をするとき、きちんと泡を立ててから洗っていますか?

しっかり泡が立たないまま顔に洗顔料をのせてしまうと、肌にはとても負担がかかってしまいます。将来的な肌トラブルの原因になることもあるため、十分に泡のクッションを作ることが大切です。

  • 汚れを落としたい気持ちからゴシゴシと力を入れていませんか?

強くこすることもで、肌を傷つけてしまいます。顔の皮膚は薄く、とってもデリケート。こすったときの摩擦で毛穴が開いてしまったり色素沈着することもあるのでやめましょう。

  • 時間をかけて丁寧に洗顔をすることもやめて

洗顔料とはいえ、洗剤です。肌に触れている時間はできるだけ短い方が良いのは当たり前なんです。

  • 夜にお風呂に入るついでに洗顔を済ませてしまう人は要注意!洗顔を一番最後にやること

洗顔後にシャンプーをすると、せっかく洗顔したのに髪の汚れがついて台無しになってしまいます。

いくつかのNGポイントをあげましたが、無意識にしていたことはありませんか?

ちょっとしたことですが、意識して改善していきましょう(^^♪

2.絶対極めたい、正しい洗顔方法

洗顔は、朝と夜の2回洗顔しましょう。

  • 洗顔前に手と顔を洗うこと

手の汚れと顔ついているほこりを落とすためです。

  • 洗顔料をしっかりと泡立てる

泡のクッションを十分に作ることで、肌への摩擦を最大限減らすことができます。

手で泡を立てることが難しいという人は、泡立てネットを使うとたっぷりとした泡を簡単に作ることが可能です。目安は手を逆さにしても泡が垂れてこないこと。ここまでできれば泡は完成です。

  • 顔に泡をのせて優しく洗う

皮脂の量が多いTゾーンから洗っていくのが正解です。鼻、額、頬と洗ったら、最後に目元や口元などのデリケートなパーツを洗顔してください。あくまでも優しく洗っていくことが大切です。

顔の皮膚は非常に薄いもので少しの刺激にも過剰に反応します。角質層は0.07mmから0.2mmというわずかな厚さなんです。1mmないってめちゃくちゃ薄いですよね!

  • 洗い終わったらすすごう

内側から外側へ向かうイメージですすぐと良いでしょう。少し冷たく感じるくらいのぬるま湯ですすぐのがおすすめです。

顔の皮脂が溶け出すのは30度前後のため、32度くらいのぬるま湯だと自然と皮脂を浮かすことができ適しています。夜の洗顔を入浴中にする人は、体を流すシャワーと同じ温度で顔を流してしまうと肌に良くないため気をつけてくださいね。

  • 清潔なタオルで優しく顔を押さえて水分を拭き取る
  • すぐに保湿をする

洗顔後は水分がどんどん蒸発している状態なので、すぐに保湿をすることが大切です。たっぷりと化粧水をつけ、乳液で蓋をしてください。

これで洗顔の完了です。ポイントはとにかく優しく行うこと。力を入れず、優しく肌の汚れを落としていってください。

3.実はとっても重要な、自分に合った洗顔料の選び方

洗顔料にはクリームやパウダー、石鹸など様々な種類があります。どれを選べば良いか迷ったら、原材料で選ぶのもおすすめです。

洗顔料は配合されている成分によって、洗顔石鹸と洗顔フォームに分けられます。中でも注目してほしいのは、汚れを落とす洗顔料にとってなくてはならない「界面活性剤」という成分です。

洗顔石鹸の界面活性剤は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの天然成分でできているため、肌にも優しいものになっています。

しかし、洗顔フォームで使われている界面活性剤は、石油から作られた合成界面活性剤です。強すぎる洗浄力は肌にとって刺激となりあまり良いものではありませんが、その分汚れを良く落とすことができます。

今では洗顔フォームがメジャーなものになっていますが、安心なのはシンプルな石鹸です。

固形石鹸だけど合成界面活性剤を使用しているものもあるので、きちんと成分を確認してください。

いくつか、合成界面活性剤 不使用の石鹸を紹介しますね(^^♪

4.肌トラブルと無縁の肌をめざそう

洗顔と一言で言っても、実はとても奥が深いものなんです。

「泡をしっかり立てた方が良い」「洗顔後はすぐに保湿をしなければいけない」など、すでに実践していたポイントもあったかもしれませんが、その理由までは知らなかったものもあるのではないでしょうか。

肌トラブルは洗顔を変えれば改善することも少なくありません。

間違った洗顔を続けていれば知らず知らずのうちにダメージが蓄積されていきますが、正しい洗顔を実践していけば肌にもきっと変化が表れるはずです。

すぐにできる簡単なことなので、ぜひ毎日の洗顔に取り入れてみてください。

 

洗顔以外にも気を付けることはありますよ!!こちらの記事も人気です(^^♪

なんであの人あんなに若いの?肌年齢が若い人に共通する特徴とは?





U-NEXTはアニメが無料!

1ヵ月無料で好きなアニメが見放題!

もうTSUTAYAやGEOに借りに行く必要ありません!

家でも出先でもスマホでもPCでもOK!

「東京喰種トーキョーグール」

「転生したらスライムだった件」

「抱かれたい男1位に脅されています。」

他、今話題のアニメが勢ぞろい!

少年だけじゃなく、少女アニメもそれ以外も充実☆

アニメ全作品数2600の内、見放題が1300ってすごいかも。

※気に入らなかったら簡単に解約できます(^^♪