肌の潤いを守る!生活習慣と保湿(化粧)が重要なわけ

多くの女性の肌の悩みである乾燥

以前は冬の悩みというイメージがありましたが、最近は空調の関係もあり、1年中乾燥に悩んでいるという人も増えてきています。

乾燥は不快なだけではなく、様々な肌トラブルの原因にもなります。

正しい対策方法を知って、肌を乾燥から守り潤いのある美肌を目指しましょう(^^♪

1.肌が乾燥することで起こるトラブル

肌が乾燥すると、不愉快なだけではなく、さまざまな肌トラブルを招く原因になります。

潤い不足で起こりがちなのが、肌が敏感になってしまうというものです。

潤いを失った肌は、本来持っているバリア機能が低下している状態にあります。外からの刺激に極端に弱くなってしまうため、本来なら気にならないはずの気温の変化や、ダニや雑菌といった刺激に過敏に反応し、かゆみや痛みを感じるようになってしまうのです。

炎症も起こりやすくなるため、にきびができやすくなり、しかも長引くようになってしまいます。

更に辛いのが、しわやシミができやすくなるということです。

水分不足の肌は弾力がないので、極めて「しわ」ができやすい状態になります。

また、肌が乾燥していると肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に行われず、肌の中にできたメラニン色素がいつまでも居座り続け、「シミ」の原因にもなってしまうのです。

どんどん潤いのないシワやシミだらけの汚い肌へまっしぐら・・・。

こういった事態を避けるためにも、効果的な潤い補給を行う必要があるのです。

2.保湿を行って潤いをプラス

乾燥肌の改善方法としてまっさきに挙げられるのが、化粧水やクリームによる保湿ではないでしょうか。

肌の潤いを生みだしているのは、肌の細胞間脂質や天然保湿成分の存在です。これらの生成力が衰えているなら、化粧水などで不足している分を補う必要があります。体内にもともとある成分を補えば肌に余計な刺激を与えることもなく、高い効果を得ることができるのです。

保湿成分にはいろいろな種類がありますが、代表的なのはセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などです。

セラミドは保湿の王様と呼ばれるほど高い保湿力を持った成分です。もともと肌の一番外側にある角質層にあり、水分を閉じ込める性質があります。

ヒアルロン酸ゼリーのように水を抱え込み、その場にとどまることで肌を潤してくれる成分です。いろいろな化粧水が発売されているので、気軽に試すことができるのも嬉しいポイントでしょう。

アミノ酸はセラミドやヒアルロン酸と比べると保湿力で一歩劣りますが、周囲にある水分を吸いこむ性質があります。水に溶けやすいため肌になじみやすく、更に肌を柔らかくする働きもあることから、乾燥でがさついた肌には効果的な保湿成分です。

肌の潤いを考える際は、これらの成分が配合された化粧水やクリームを選びましょう。

ヒアルロン酸、アミノ酸は化粧水がおススメです。こちらの記事では化粧水を紹介しています。

カサカサ肌を何とかしたい!保湿成分から選ぶべき化粧水とは?

セラミドはクリームで補いましょう(^^♪こちらをどうぞ。

カサカサ肌を改善したい…保湿成分で選ぶ顔用クリーム4選

3.体の内側から潤いを

偏った食事や乱れた生活習慣でも、肌は潤いを失います。寝不足で肌が荒れてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

生活習慣を整えることで、肌を内側から潤すことができるのです。

食事を見直し、肌にいいと言われる栄養素を積極的に取り入れてみよう

ビタミン類やαーリノレン酸、亜鉛などはぜひ取りたい栄養素です。血行を促進して肌の新陳代謝を促す、乾燥を防ぐためにコラーゲンの生成をサポートするなど、得られる効果も様々なので、バランス良く取り入れるといいでしょう。

睡眠を見直すことも大切

睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌が低下し、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

入眠してから3時間の深い眠りの間は、成長ホルモンの分泌が多く肌が生まれ変わる大切な時間帯です。

成長ホルモンには、脂肪燃焼、免疫力アップ、身体の修復といった役割があります。

深い質の良い睡眠ができるように、音楽を流したり、ストレッチなどでリラックスしてみてはどうでしょうか(^^♪

4.避けるべき行動とは

スキンケアは大切ですが、やり方が間違っているとかえって乾燥を招く原因になることもあります。

ずばり、摩擦です!!

  • 汚れを落としきろうと力を入れて洗顔をする
  • 成分をいれ込もうと化粧水を付けるときに肌を叩く

これらは肌の表面にある角質層を傷つけ、保湿力を低下させてしまいます。

洗顔のときも化粧水やクリームを付けるときも、肌に触れるときはなるべく優しくすることが大切になります。

また、スキンケアグッズには化粧水、ローション、美容液、クリーム、乳液、ゲルなどいろいろな種類があります。しかし、潤いを得ようとこれらをすべて使うのは逆効果になることが多くなります。

乾燥した肌はバリア機能が低下した状態、つまり外から異物が入りやすい状態です。この状態でたくさんの化粧品を使うと、それに含まれた化学物質が肌に触れる回数や量が増え、かえってダメージを受ける可能性が高くなってしまうのです。

肌が荒れているときはむしろ基礎化粧品の種類を少なくし、丁寧かつシンプルなケアを心がけるようにしましょう。

5.潤いに満ちた肌を目指そう

肌の潤いが不足すると、肌が本来持っているバリア機能が低下し、シミやしわをはじめとする様々な肌トラブルが発生するようになります。

それを防ぐためにも、意識的なケアを行うことが大切です。

化粧品は含まれる成分に注目し、より保湿力の高いものを選びましょう。使い方に気を付けることも大切です。食事をはじめとする生活習慣を見直すことも、乾燥を防ぐのに効果的です。

潤いに満ちた肌は若々しい魅力にあふれています。乾燥を防いで魅力的な肌を手に入れましょう。

 

最後に、の潤いを守れる優秀な洗顔石鹸の紹介です。参考にしてみてくださいね(^^♪

わずかな潤いを守りたい!乾燥肌向けの洗顔石鹸3選





U-NEXTはアニメが無料!

1ヵ月無料で好きなアニメが見放題!

もうTSUTAYAやGEOに借りに行く必要ありません!

家でも出先でもスマホでもPCでもOK!

「東京喰種トーキョーグール」

「転生したらスライムだった件」

「抱かれたい男1位に脅されています。」

他、今話題のアニメが勢ぞろい!

少年だけじゃなく、少女アニメもそれ以外も充実☆

アニメ全作品数2600の内、見放題が1300ってすごいかも。

※気に入らなかったら簡単に解約できます(^^♪