原因を知り対策しよう!肌のくすみが消えちゃった?!

のくすみを気にしている人に朗報です!

実はくすみを消す、または色を薄くする方法が存在します。

対策をチェックする前に、まずはくすみができる原因を知る必要があります。

自分に当てはまる原因を知れば、原因に合った効果的な対策を実践できますよ(^^♪

では、くすみの原因について説明していきましょう。

全部で5パターン!くすみができる原因

「メラニン色素の沈着」

肌のくすみの最大要因はなんといってもメラニン色素の沈着にあります。

紫外線や摩擦によって肌にダメージを与えると、メラニン色素はバリアを形成するために過剰分泌されます。

メラニン色素は色を構成している物質なので、量が増えるほど肌色が濃くなります。分泌されたメラニン色素は古くなると体外へ排出されますが、年を重ねるごとに排出されにくくなるのです。

ちなみに、古い角質やメラニン色素を排出することを「ターンオーバー」と呼びます。ターンオーバーの遅れや乱れによってメラニン色素が沈着すると、くすみを引き起こします。

「血行不良」

血行不良により細胞に十分な栄養が届かないことで、ターンオーバーが遅れることがあります。つまり、血行不良もくすみを引き起こす原因の1つということです。

その他に「汚れ」「糖化」「乾燥」

毛穴に詰まった汚れが蓄積すると、皮脂が酸化して黒ずんで見えます。糖質を過剰摂取した場合は肌のコラーゲンが糖化して、黄くすみや茶くすみの原因となるでしょう。

また、肌に潤いがない乾燥した状態の時も肌がくすんで見えやすいので、注意が必要です。

では、どのようなケアをすれば良いのでしょうか?

原因ごとに対策を提案します!

メラニン色素には美白効果のあるアイテム&食品で対抗!

  • メラニン色素の沈着を未然に防ぐためには、紫外線対策を行うことが大切です。

日焼け止め・帽子・日傘といったアイテムを活用して、肌にダメージを与えないように工夫してください。

  • 既にくすみができている場合は、美白効果のある美容アイテムを使うのが得策です。

ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・プラセンタといった成分が配合されている美容アイテムは、ターンオーバーを促す効果があります。メラニン色素の排出を促してくれるので、くすみが生じにくいです。

ちなみに、ビタミンC誘導体とハイドロキノンにはメラニン色素の生成を抑制し、蓄積されたメラニン色素の色を薄くする効果があります。メラニン色素にダブルアプローチしてくすみを防いでくれるので、効果が高いです。

こちらの記事は美容アイテムを紹介していますよ!

くすみや毛穴の肌トラブルに有効な美容成分で予防改善しよう!

  • 正常なターンオーバーを行うために、内側からのケア「栄養」が必要不可欠です。

ハイドロキノンと同じような効果があるビタミンC、細胞の老化を防ぐビタミンE、メラニン色素の過剰分泌を防ぐリコピンといった成分を食事から摂取することもポイントと言えます。

ビタミンCはパプリカやレモン、ビタミンEはナッツ類、リコピンはトマトやスイカに多く含まれています。

肌のくすみが気になる時に適した食べ物はこれだ!原因別に解説!

また、野菜を最初に食べると糖質の吸収を抑制するので、糖化によるくすみの発生を防ぐことも可能です。

〈ちょっとブレイク〉

野菜を最初に食べることで、くすみだけじゃなくて、ダイエットにも効果があるって知ってますか?

その名も「食べ順ダイエット」

皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。

野菜→汁物→タンパク質(肉や魚)→炭水化物の順で食べることで、血糖値の上昇を抑える効果があります。

肌のくすみにも良く、ダイエット効果も期待できるので一石二鳥ですね(^^♪

湯船に浸かること&適度な運動が血行促進の秘訣⁉

普段から冷え性に悩んでいる人は、血行不良によってくすみを引き起こしている可能性があります。

  • 38~40度の湯船に約15~20分しっかり浸かり、血管を拡張することが効果的な対策です。

毛穴がしっかり開けば、汚れを除去しやすいメリットもあります。さらに、肌を良い意味で刺激する炭酸ガスを含む入浴剤を入れると効果が高まるでしょう。

入浴剤福袋 100個!

毎日違う香りで心も体もリラックス出来ること間違いなしですね(^^♪

  • 適度な運動で血行を良くしましょう(^^♪

30分~1時間のウォーキングを1週間に1~2回行うことも大切です。適度な運動であれば、ウォーキング以外でも構いません。体を温めることで血行不良を防ぐと同時に、くすみの症状を和らげます。

運動する時間がない時は電子レンジで温めた蒸しタオルで顔パックをすると、血行が良くなります。目の疲れにも効くし何より気持ちがいいですよね。

  • 気を付けたいポイントとして、タバコ!!

タバコによって血管が収縮し、血行不良になっているケースが多いんです。出来るだけ控えるようにしましょう。

その他の原因にはコレ!汚れ・糖化・乾燥の対策

  • 汚れが溜まっている状態だとくすみ以外の肌トラブルを引き起こすことがあるので、入浴時にしっかり洗い流す必要があります。

泡が汚れを除去してくれるため、ボディソープや石けんをしっかり泡立ててから使用しましょう。

古い角質を落とす「ピーリング」向けの商品が販売されているので、必要であれば活用してください。古い角質も汚れの一種となり、くすみに関係しています。また、古い角質を除去すれば、ターンオーバーを促すことも可能です。

  • 糖化に関しては、ご飯・イモ類・トウモロコシといった糖質の多い食品の摂取を控えることが重要となります。

特に糖質が多く含まれている炭水化物を食べる時は、食物繊維を一緒に摂取するのが得策です。食物繊維は腸内環境を整えて体内の不要な物質を排出してくれるので、糖化の吸収を抑えてくれます。

  • 乾燥が原因のくすみは、とにかく肌を保湿することが大切です。

保湿成分が豊富に含まれている美容アイテムを使用し、普段から肌を労わってあげましょう。

くすみのない肌へ!対策は予防と成り得る⁉

今回紹介した原因別の対策は普段から行っていれば、予防策にもなります。くすみができてから原因に合った対策を実施することも大切ですが、くすみを作らないことも同じくらい重要です。

ちょっとまとめてみました(^_-)-☆

  • 紫外線に気を付ける
  • 美白アイテムの使用
  • 食事の食べる順番に気を付ける
  • 湯船に浸かったり運動して血管を拡張させる
  • タバコは控えめに
  • 洗顔料を泡立てて洗う
  • 糖質の多い食品を控える
  • とにかく保湿を丁寧におこなう

このように自分の体質やライフスタイルを考えて、適切な対策及び予防策を生活に取り入れてみてください。

忙しい方にピッタリなサプリ!手軽に栄養がとれ人気です。

肌のくすみに強い味方!サプリメント選びは慎重に成分を要チェック

効果なし?クレムドアンの成分を大暴露!口コミ・評価10件!泡立たない??